非接触で果実にダメージ与えず、衛生的に硬さを瞬時に測定可能な硬度計のご紹介

ホーム > 製品情報 > 産機システム > 非接触硬度計

非接触硬度計

非接触で硬さを測定出来る硬度計が新登場!

 ■非接触なので衛生的に測定が可能!
 ■果実にも傷やダメージをあたえない低侵襲測定!
 ■測定データは瞬時にパソコンで波形表示!


この製品は、静岡大学工学部電気電子工学科の犬塚教授と(株)井元製作所との共同研究によって製品化されました。 (静岡大学様特許をライセンスしております)


圧縮した空気を吐出し、その時の表面の凹み具合を非接触レーザ変位センサで位置の 変化として測定しますので、非接触で正確な測定が可能です。




使用例

  • 食品の測定
    ・農産物の硬さの情報から歯応え・鮮度・食べ頃の見極めなど

  • 工業用製品の測定
    ・ゴム・プラスチック製品の品質管理、経年変化による劣化の見極めなど

  • 生体の測定
    ・疲労度、筋硬結、肩こり、化粧品や医薬品効能の判定など



主な仕様

外形寸法 センサ部 W170×D104×H73mm
制御部 W370×D390×H177mm
固定部 W300×D250×H520mm
重量 センサ部 約6Kg (固定台含む)
制御部 約7Kg
電源 AC100V 5A
センサ 分解能 0.1μm
ビーム径 約80μm
測定範囲 センサ測定中心より±15o
光源 赤色半導体レーザー(JISクラス2)
出力 1mW
操作系 圧力調整器、レーザー電源スイッチ、専用ソフト
エア正力 700kPa
付属品 ノートPC、AD変換ボード、エアコンプレッサ、エアホース


硬さには様々な情報が含まれています。

工業製品の場合は ・製品の良し悪し
・製品の触り心地
・製品の出来・不出来
・経年劣化の程度等々
農産物(果実)の場合は
・歯応えや食感等の食味
・食べ頃の時期
・傷み具合等々

硬さを触らずに測定する手法を研究しています。

近年は、測定対象に傷やダメージを与えないことや衛生面の観点から非接触であることが
強く望まれています。