ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

昭和35年12月 捺染用ロール彫刻及びめっき加工の対米輸出工場として発足
昭和56年4月 プリント配線板製造を開始。 同時に精密写真製版、プリント配線板、電子化機械製造を目的とした電子事業部を新設
昭和58年1月 対米輸出用プリント配線板の製造の為、UL規格取得
昭和58年2月 マイクロコンピュータの応用システム開発の為、第二技術部新設
昭和59年4月 コンピュータ図形処理システム導入(TAIYO CAD SYSTEM-T)
昭和60年6月 (財)三和ベンチャー育成基金より和歌山県内企業として初めて債務保証先の承認を受ける
昭和61年4月 コンピュータ図形処理新システム導入(TAIYO CAD SYSTEM-U)
昭和61年6月 東京都港区に東京支店開設
平成元年9月 大分県東国東郡安岐町(現 大分県国東市安岐町)に九州事業所を新設
平成3年3月 中華人民共和国香港に合弁会社,鋭明実業有限公司及び中華人民共和国広東省に太洋人豊製版有限公司設立
平成3年5月 東京都千代田区に東京支店を移転
平成5年6月 全自動ベアボードテスタ開発(MIGHTY-AUTO 430)
平成5年6月 製版統合システムとして大型のコンピュータグラフィックス及び
インクジェットプリンター導入
平成7年4月 フレキシブルプリント配線板加工工場新設
平成8年10月 品質保証の国際標準規格である「ISO9001」認証を本社・九州事業所・東京支店にて取得
平成9年7月 フレキシブルプリント配線板加工工場で第二期設備投資完了
平成10年6月 フレキシブルプリント配線板生産情報管理システム(TAPICS-T)導入
平成11年4月 フレキシブルプリント配線板第三期設備(多層配線板)完了
平成12年1月 新型全自動ベアボードテスタ開発(DIGITAL GALAXYシリーズ)
平成12年8月 フレキシブルプリント配線板第四期設備完了(クリーンルーム増築)
平成13年1月 九州事業所に第二工場新築
平成13年6月 環境マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO14001」の認証を
本社・東京支店にて取得
平成13年8月 高精細フレキシブルプリント配線板用工場棟新設、第五期設備完了
平成13年12月 株式会社ミラックを完全子会社化(持株比率100%)
平成14年6月 全自動ベアボード最終外観検査システム開発(TY-VISION 2000 シリーズ)
平成14年11月 近畿地方発明表彰 特許庁長官奨励賞受賞
平成16年12月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年8月 中華人民共和国上海市に上海連絡事務所を開設
平成18年12月 本社に基板検査機製造工場新設
平成19年3月 タイ王国バンコク市にTAIYO TECHNOLEX(THAILAND)CO.,LTD.(連結子会社)設立
(持株比率49.0%)
平成19年11月 川崎市幸区に川崎事業所開設
平成21年5月 マイクロエンジニアリング株式会社の株式を取得(子会社化)(持株比率100%)
平成23年2月 川崎事業所を閉鎖し、営業機能を東京事業所に移設
平成23年6月 中華人民共和国上海市に太友(上海)貿易有限公司(連結子会社)設立
(持株比率100.0%)
平成24年2月 現地法人設立に伴い、上海連絡事務所を閉鎖
平成27年7月 台湾台北市に台北駐在員事務所を開設
平成28年1月 近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2016」にフレキシブルプリント配線板(FPC)ベアボード通電検査システム「TY-CHECKER model DS series」が選定
平成30年2月 厚生労働省より次世代法に基づく「子育てサポート特例認定(プラチナくるみん)」及び女性活躍推進法に基づく「えるぼし」最高位認定、和歌山県より「女性活躍推進賞 」及び「結婚・子育て応援賞 」を受ける