ホーム > 会社情報 > 事業概要 > 基板検査機事業

基板検査機事業

時代の先駆者

 常に市場のニーズを先取りした基板検査機の研究・開発により、時代を先取りした製品開発で、業界の先駆者としてのポジションを守り続けています。


基板検査機とは

 基板検査機と一言で言っても用途によって種類は様々です。太洋工業では、部品が実装されていないプリント配線板を検査する通電検査機外観検査機の2種類の基板検査機をメインに開発・製造・販売を行っています。通電検査機とは、実際に基板に電気を通して導通抵抗及び絶縁抵抗の検査を行う装置で、外観検査機とは、パターンの欠け・めっきの変色・表面の傷など外観状態の検査を行う装置です。FPC製造メーカーでもあるという強みを活かした、基板を製造されているお客様の立場にたったものづくりが当社検査機の特長です。

基板検査機

顧客ニーズを的確に反映したシステム開発

 豊富な経験から生み出される独自機構とソフト開発力により、顧客ニーズを的確に反映したコスト競争力のある新製品を早期に提供することを目的とし、製品開発力の強化に取り組んでいます。


基板検査機と治具販売ビジネスとのシナジー効果を最大化

 通電検査機において、消耗品の一つであるコストパフォーマンスに優れた治具を提供しており、検査機と治具によるトータルソリューションに取組んでいます。


検査機製品ラインナップ

クオリティ & カスタマ−を最優先、絶対の信頼を。

検査機製品ラインナップ